書家詩人の宗明(そうめい)です。
筆ペン を使い味のある字が書け幸せになる 筆文字 講座 「幸筆(さちふで)講座」各地で開催!!
贈り物に最適!世界で一つだけの愛と感謝が溢れる贈り物を考えている方は「宗明の書き下ろし」をどうぞ!

幸筆ミニ体験講座×魂のプロフィール講座詳細&日程

【Soul Message × Sachi-Fude】
幸筆ミニ体験講座×魂のプロフィール講座


宗明×大石泰弘の幸筆ミニ体験講座×魂のプロフィール講座を開催します!

会場は静岡市と浜松市2箇所!

静岡市会場は戸塚礼雄 氏主催。
浜松市会場は浜松南・星座館主催。

いや~この講座はまた絶対面白くなりますよ!!

宗明からは幸筆ミニ体験で、味のある筆文字のコツを筆ペンを使って教えさせて頂き、大石泰弘のワークとコラボします!

大石からは
☆あなただけの使命を名前から紐解く

ひらがな一文字に使命が隠されているそうです。
氏名は使命。
名前から自分の使命に気づくきっかけになるかも知れません。

☆魂のプロフィールを作る
幾つか質問をしてそれに答えていくと・・・
魂のプロフィールを作ることが出来ます!

内容を聞いただけでもワクワクしてくると思います!

期待して楽しみにしていて下さい!

☆あなただけの使命を名前から紐解く☆

日本最古の歴史書『古事記』をはじめとする世界中で愛されている物語にも、「言葉には不思議なチカラが宿る」という考え方が登場します。

一音で意味が通じる音が、日本にはたくさんあります。いっけん、一文字では意味が通じないと思える音も、「ことだま」で、ひも解くと…「あ」から「ん」まで、それぞれの音に、意味と役割が現れます。音の組み合わせである「名前」も例外なく、ことだまの影響を受けているのです。日本人の「氏名」にはには「使命」が宿っています。

これは、日本人の名前が、日本の神々の名前と同じ法則でつけられていることからも、理解できるのではないでしょうか。
日本では、古代から三種の神器の一つとして鏡を尊んできました。

多くの神社には、ご神体として鏡がまつられています。
ご神体である鏡に、自分の姿をうつして、「自我(エゴ)」を抜くと、そこには、自分の中にある神が現れるからです。

「かがみ(鏡)」から「が(我)」を抜くと「かみ(神)」になります。「我」を抜くことで、あなたの中にある「神」の働きが目覚めるのです。では、「我」を抜いたあなたとは、どんな姿でしょうか?
その答えは「名前」にあります。

わたしたちは、一生使う「名前」を「自分で選ぶこと」が出来ません。名前は、誰もが必ず人から与えられますが、名前には一切の「我」が入っていません。

八百万の神々でさえも、自分の名前も役割も選べませんでした。
つまり…人から与えられ、選ぶことができない名前には、あなたが「人生で成すべき大切な役割」が記されています。あなたの「氏名」は「使命」そのものなのです。

あなたのお名前に、どんな「使命」「役割」「魅力」があるか?
紐解いてみませんか?

☆魂のプロフィール☆
ー自分の核には何があるのか…人生の真の目的を見付けるー

自分の価値観を示す魂のプロフィールと自分自身の中の深くにある意図を示す個人のビジョンを融合して、自分だけのミッションを表す声明文を作る。
開催場所

9月29日(木)
19:00~21:00
浜松南・星座館
静岡県浜松市南区米津町579
主催:浜松南・星座館様
http://www.seizakan.net/

参加料金

特別価格3000円(当日集金)
持ち物

・筆記用具

※筆ペン(毛筆タイプ)をお持ちの方はお持ち下さい。
お持ちでない方は筆ペンをお貸しいたします。

申し込み

下記バナーをクリックして下さい

講師:大石泰弘プロフィール




高校時代の倫理の授業がキッカケで「自分とは?人生とは?」を探り続ける中で人との違いに苦しみもがいた20年…その経緯と経験を活かし、今では「違いがあるからこそ美しい」と思い至り、「個・個性」にフォーカスし、経営者の想いを伝える企業研修やセミナーを行っている。
「あなたは、あなたが思っている以上に素晴らしい」を伝えている。

生年月日を元にした独自の個性理論の構築や様々な角度から個性を捉えた個性鑑定・個人セッションを女性経営者や個人事業主を主な対象として行っている。
究極の自己探求を求め、サラリーマンの平均年収程のコースを受けに渡米。約3週間かけて全てのコースを修了。

☆資格等☆
アチーバス認定トレーナー
個性鑑定士
自己探求ウィザードコース修了
自己探求マスター
セラピスト
研修・セミナー講師
シックハウス診断士
環境アレルギーアドバイザー
認定サプリメントアドバイザー上級
宅地建物取引士
交渉アナリスト2級
事業再生士 教育課程修了

講師:宗明プロフィール




1980年生まれ 静岡市在住

工場勤務やパソコンのインストラクター、精神科病院で看護助手など
様々な職種を経験しながらも、自分が心の底から夢中になれる事を探していた。

そんな時、てんつくマンとの出逢いがあり、てんつくマンに憧れ2009年
路上詩人として活動する。

また同年、平和のメッセージを発信し、また集めながら焼津市から福井県永平寺まで行脚(歩いて)旅に出て永平寺まで辿り着く。

「書き下ろし」を独自のスタイルに変え、「想いを聴いて想いを元に彩りと癒しや元気、
前に進むような言葉を筆文字で書く」というスタイルで5000人以上に書き下ろしを
させてもらっている。



2015年10月「~愛と感謝を伝える 幸筆(さちふで)」という筆ペンを使った筆文字講座を立ち上げる。

幸筆では5つの愛を大切にしています。
つながり愛
おぎない愛
はげまし愛
感謝し愛
成長し愛

人と人が出逢いつながっていき、出逢いを大切にし、お互い長所、短所があり役割が違うので、おぎない、はげましあい、
感謝が生まれる。
お互い成長しあってゆけるような人間になりたいと思うし、そんな人たちに囲まれて生きていきたい。

静岡市会場主催:戸塚礼雄プロフィール




静岡商業卒業後、某宝飾時計店の事務員として現在も勤務中。

『役にたてることはやってみる』を心掛け、ご縁のあった方とのイベントのサポートや、主に考え方や捉え方のクセを基準にした改善方法の提案、健康知識、趣味の食べ歩きで相談を受けることが多い。
毎週金曜日は喫茶店りんでんにて『レオとトミーのサクサクサークル』を開催。既に50回継続中。

311を機に『このままではマズい』『世の中のありのままの事実を知らなければ』と強く思い、気付けば、3~4年間で約10000時間を注ぎ込む。

社会、政治、経済、医療、科学etc… 多くの問題の”構造”に興味を抱き、日常生活に溶け込ませるライフスタイルを模索中。

趣味は『おもしろいヒト・モノ』や『安くてクオリティが高いコト』を探し歩くこと。